2005年04月30日

キア中級


正式サービス開始前から楽しみにしていた中級ダンジョン。
そのうち、キア中級とアルビ中級に行ってまいりました。


まずはキア中級。
キア中級は、中級というだけあって
キア下級の上位互換的存在をしています。

出てくる敵は、キア下級にて主に出てきた敵に加えて
それらの色違いバージョンが追加されています。


青
▲こんなの。
生物としてあるまじきカラー。


新出の敵として、黒ヘビ、赤黒鎌ラゴデッサ、
ブルーラットマンが出てきますが
こやつら全員、多数性向を持っていて
うまく立ち回らないと同時に複数が襲ってきます。

また、別種混合部屋などもしょっちゅうあるので
いかに1:1を維持できるかが問題となります。

特に、歩き回る上に策敵範囲の広い点で、
ブルーラットマンが危険かも。


尚
▲ハハー、命の恩人ですじゃ。
お世話になりますのぅ。


ちなみに、新しい敵は多数性向を持つ代わりに、
HPが比較的低めになってます。

褐色ヘビ : 150
黒ヘビ : 120

ラットマン : 250
ブルーラットマン : 160

鎌ラゴデッサ : 270
赤黒鎌ラゴデッサ : 200


黒ヘビが褐色ヘビよりもろいとは驚いたモンだ。
同時に襲われる前に、一気に畳み掛ける手もあるかも。



あと、ダンジョンの道中は非常に単調です。
特に4人ダンジョンの場合、9割以上は
宝箱トラップ部屋と鍵扉部屋になっていて、
迷路とか宝箱の鍵とか、キア下級の定番のソレもありません。
玉トラップすら滅多にありません。ミミックも不在です。

しかも部屋が多い。多すぎる。
4人ダンジョンの場合でマス一般の3倍くらいあります。
出てくる敵も大して変化が無いので、
前述の通り、かなーりの単調となります。

時間も比較的かかる方っぽいので、
余裕があるときにどうぞ。



最後にボスなのですが、
キアダンジョン伝統どおり、ゴーレムがボスとなっています。

が、流石は中級。下の通り、いつもとは違います。


対
▲旧プロモーションムービーで
見たことある人がいるかも?


ゴーレム様お二人方の登場となります。
普通の色の方も、キア一般のゴーレムとは微妙に違うようです。
戦法は、普通のゴーレムと同様で良いと思われます。

アルビ下級と同様に、
ボス部屋に入ると閉じ込められてしまいます。
ムービーが終わったら真横に石っころが、という事もあるので
注意が必要となりそうです。


待
▲スタートしてみりゃ
入り口に待機とかしちゃってたり。



そんなこんなで長い道中を通り抜け、
二匹のゴーレムを倒してしまえば、例によっての宝箱。
苦労の末の宝箱とは、なかなかイイモノですねぇ。

宝箱の当たりは、なんとメイス!
え? メイスって未実装じゃなかったの?
はい、そうです。未実装です。メイスなんてこの世に存在しません。
お陰様でメイスなんて出てきません。

なんたることや。
 
posted by Noname at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

RPダンジョン


マビノギの正式サービスが始まりました。


早速、転生を行ったりしても良かったのですが、
その前に一度やっておこうとしたのが“RPダンジョン”。

RPダンジョンは、NPCから渡されるメモリアルアイテムを
指定されたダンジョンの祭壇に落とすことにより入れます。
そのメモリアルアイテムに関わりのあるキャラクターの過去として、
ダンジョンをプレイすることができるのです。


…というワケで、早速行ってみました。

とりあえず自分が今回行くRPダンジョンは、
まず下準備として、白・黒・赤クモの魔符を1枚ずつ用意します。
そして、NPC羊飼いの少年と“個人的な会話”キーワードで
話しかけることにより、“巨大クモの魔符”を手に入れます。


貰
▲黒クモの魔符が厄介かも。


符
▲そしてコレがそのブツ。


この魔符は、換金できる普通の魔符では無く、
説明文通り、アルビダンジョンの祭壇に落とす用の物です。
これを祭壇に落とせば、RPダンジョンに入ります。


以下、巨大クモの魔符を落として
RPダンジョンに入ってみました。
 
続きを読む
posted by Noname at 23:59| Comment(15) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

とりあえずオープンβ終了


本日にて、マビノギのオープンβが終了いたしました。
そして明日には早速正式サービスが始まりますが、
コチラは今後も続けるつもりでいます。


結局、オープンβ中の後期は、
殆ど募集パーティー(掲示板で募集する形式のパーティー)による
キア下級ダンジョン攻略に終わりました。
(正式サービス後もあまり変わらなさそうな…)

ソロはそれなりに飽きてきたせいか、
こうやって多人数でダンジョン攻略するのは
個人的に非常に楽しかったりするのです。

また、キア下級なら何度もループができるし、
パーティークエストも良いので、暫くハマってしまいました。おー怖。
お陰様で睡眠時間に支障を切らしまくりです。おー怖。
でも楽しいので良し! というコトで。


様
▲キア下級はソロでも結構楽しいので
半ばキア下級フリーク化してるかも。



いろいろあって、パーティーに付き合って頂いた方々には
とても感謝しきれませんですよ。
本当にどうもありがとうございました。



− − − − −


そして、正式サービス後のおハナシ。


公式サイトを読む限りでは、下級ダンジョンの上位である
“中級ダンジョン”が遂に実装される模様です。
あー、楽しみですねぇ。待ちきれないですねぇ。


中級ダンジョンに入るには、下級ダンジョン同様に
各ダンジョンごと(アルビ・キア・フィアード)の中級魔族通行証を
祭壇に落とす事によって入れます。

中級魔族通行証には、下級魔族通行証とは違って
基本的に人数制限が付いてきます。
1人用・2人用・4人用とあって、同じ中級ダンジョンであっても
人数制限が違えば、それぞれ微妙に中身が変わったりするそうです。

多くて4人専用、少なくてソロ専用な中級ダンジョン。
ソロ専用はともかくとして、少人数パーティー好きの身としては
これもまた楽しみの要素だったりします。


が、しかし。相当難易度も高いようです。
敵が超反応&1:1性向じゃないヤツらばかり(ゴルゴンみたいな)で、
役割分担をしないと厳しいとか、
パーティーメンバーの一人が死ねばその時点で全滅するとか…。

うーむ、楽しみと同時に怖いですな。
 
posted by Noname at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

戯言


ついに、本日にて23歳になりました。
ふと気付けばこんな年齢ですか。
時の流れとは早いモンです。


自分の場合、17歳でスタートしたゆえにIntの上昇力が高く、
さらにはアイスボルトばかりランクを上げているのが相まってか
Intが他のステータスより特出した状態になってます。

Intが高いなんて、中の人とは大違いですね。いや聞いてないから。
リアルIntなんて10行ってるかどうか怪しいトコロですよ。いや聞いてないから。

こうなったら魔法メインにしちゃおーか、などと思ってしまったりもします。
アイスボルト多用してますし。死ぬほど頼って死ぬぐらいですし。


しかし、魔法のダメージ量というのは
スキル効果欄にキッパリハッキリ表記されているだけあって、
いくらIntを上げようが、ダメージは表記の範囲内で固定となってます。
(敵の防御・保護・属性相性によって変化しますが)


氷
▲もうダメージ決められちゃってるよ。


魔法攻撃のIntには、近接攻撃のStrのように
ステータスを上げれば上げるほど
攻撃力が上昇する、という事が無いのです。
せいぜいダメージバランスの上昇くらいです。

5発連発しても、ダメージは高く考えても250くらい。
他スキルのダメージやキャスティングの手間等を
考慮すると、少々非力な感じがします。
こう考えると、氷魔法メインというのはなかなかマゾそうです。
やはり実戦より支援向き、という事でしょうか。


しかし、ここまで来たからには、このIntはムダにしたくない。
幸いにも(?)Intにはエンチャント成功率上昇という効果がありますので、
こうなったらエンチャンターでも目指してみようか、と思ったりも。
少し頑張ってみましょうか。



ちなみに、エンチャント成功率に影響があるのはInt200まで。
“賢明な”タイトルの入手条件もInt200。
とりあえず、Int200に達成する方法でも考えてみる事に。
 
posted by Noname at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

映像の品は、実物とは若干異なる場合がございます。


ホント、どうでもいいような話。

ボス部屋の鍵を開けると、ボス登場ムービーが始まります。
各ボスにそれぞれ違うムービーが用意されているのですが、
一部のダンジョンでは、そのムービーで登場した敵と
実際に出てくる敵がビミョーに違ったりします。


灰
▲キア下級のゴーレムなんぞは、


金
▲色の違いに何の躊躇いもありません。
分かりやすいヤツめ。



黒
▲アルビ下級の巨大赤クモ。
ムービー上ではアルビ一般の巨大クモと
何の違いも無いのですが、


赤
▲実物はもっと真っ赤。



黒
▲コイツ、コイツ。
アルビ一般の赤クモも。


赤
▲何気に違うという。
ムービー上は恐らく赤黒クモ。



なぜ、ムービーには色が違うのを
起用したりするのでしょうか?
謎ですなぁ。
 


posted by Noname at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日


最近は、ソロでラビダンジョンへ行ってたりします。
スケルトンからのラビ下級通行証狙いと、
骸骨オオカミからのフォックスハンター狙いと、
各骨野郎共からのマナポーション狙いと、
稀に湧く(らしい)レアモンスター狙いとあります。


骨
▲大分慣れてきたかも。
最大の敵は位置ズレなり。


せっかくなので、3階でメタルスケルトンをしばいたりもしますが、
今回、ここで誤って2匹のメタルスケルトンに
ターゲットされてしまうという状況に。

しかし、幸いな事にソコは玉部屋。
通路に逃げられるので、敵のターゲットが外れるまで逃走する事に。
さすがに二匹同時はやってられませんぜダンナ。


…といった感じで逃げると、敵には行動範囲が存在するのか
ターゲットが外れて元の部屋に戻ろうとします。
が、一直線に戻ろうとするので、その途中に壁や障害物があれば
敵がそこで引っかかってしまうという、お間抜けな状態に。


嵌
▲二名様がおハマりになられました。
いくら近づこうがアウトオブ眼中でダンスに熱心です。
(直接攻撃すると反撃される事があります)



ぼちぼちよく見る光景ではあるので、
このまま闘っても無視しても良かったのですが、
せっかくなので、部屋に残ったメタルスケルトン全員
ここに引っ掛けてしまう事にしました。


禿
▲ハゲ頭の群れ。


魚
▲うぉおぉおぉぉぉぉ。


累
▲…もはや何がなんだか。


今度はもっと数を増やして
もっとキモいのを撮りたいと思います。
…どうでも良すぎ? HAHAHA。

ちなみに、攻撃すればしっかりターゲットされます。
ハマって敵は延々無防備、とかそういう甘いハナシじゃなかったり。
 
posted by Noname at 01:27| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

リアルサボリ魔 再び


左側のコンテンツの微調整をしました。
しぶとさ表やエンチャント表の抜けを
分かった範囲で補完したりとか。


…時間に余裕が無くなったので、今日はこれだけで。(サボり気味)
 
posted by Noname at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

食料効果


マビノギには、“満腹度(FOOD)”というものが存在し、
減れば減るほど、最大スタミナ値が減少してしまいます。
食料を食べると満腹度が回復し、最大スタミナ値も一緒に回復します。

ただ、食料は満腹度を回復させるだけでなく、
いろいろ体形やステータスにも影響を及ぼす物。
何でもとにかく食べればいい、というモノでは無いのです。
食料によって、体の一部が太ったり痩せたりとするワケでして…。

多種多様な食料が存在する中、
エイリアンな体形になりたくなければ、
食生活には気を配る必要があります。
(あえて太りたくとも同様に)


というワケで、食料の効果をリストアップしてみます。
店等で比較的簡単に手に入るもののみを。


・パン / ナオからもらったパン
スタミナ : +15
体系変化 : 上半身↑↑ 下半身↓
上昇ステ : Str↑↑ Will↑↑ 生命力↑ マナ↑ スタミナ↑
減少ステ : 無

・チーズ
スタミナ : +20
体系変化 : 体重↓↓ 下半身↑
上昇ステ : Str↑ Int↑↑ Will↑ マナ↑↑ スタミナ↑
減少ステ : 無

・大きなチーズ
スタミナ : +40
体系変化 : 体重↓↓ 下半身↑↑
上昇ステ : Str↑↑ Int↑↑ Will↑ マナ↑↑↑ スタミナ↑↑
減少ステ : 無

・肉
スタミナ : +30
体系変化 : 上半身↑↑ 体重↑↑ 下半身↓
上昇ステ : Str↑↑ Will↑↑ 生命力↑ スタミナ↑↑
減少ステ : 無

・大きな肉
スタミナ : +100
体系変化 : 上半身↑↑↑ 体重↑↑↑ 下半身↓↓
上昇ステ : Str↑↑ Will↑↑ 生命力↑↑ スタミナ↑↑↑
減少ステ : 無

・ニンジン
スタミナ : +4
体系変化 : 上半身↓ 体重↓
上昇ステ : Int↑ 生命力↑
減少ステ : Str↓ スタミナ↓

・イチゴ
スタミナ : +6
体系変化 : 上半身↓↓ 体重↓
上昇ステ : Int↑ Dex↑ 生命力↑
減少ステ : Str↓ スタミナ↓

・キャベツ
スタミナ : +8
体系変化 : 上半身↓ 体重↓ 下半身↓
上昇ステ : Dex↑ Will↑
減少ステ : Str↓ スタミナ↓

・マッシュルーム
スタミナ : +5
体系変化 : 上半身↓ 体重↓ 下半身↓
上昇ステ : Dex↑ マナ↑
減少ステ : Str↓ スタミナ↓

・ベーコン
スタミナ : +16
体系変化 : 上半身↑ 体重↑↑ 下半身↑↑
上昇ステ : Str↑↑ Will↑ スタミナ↑
減少ステ : Int↓ Dex↓ 生命力↓↓

・卵
スタミナ : +6
体系変化 : 上半身↓ 下半身↓
上昇ステ : Str↑ 生命力↑ スタミナ↑
減少ステ : Int↓ Dex↓

・木の実
スタミナ : +6
体系変化 : 上半身↓↓ 体重↓↓ 下半身↓
上昇ステ : Int↑↑ Dex↑↑ スタミナ↑
減少ステ : 無

・りんご
スタミナ : +4
体系変化 : 上半身↓↓ 体重↓↓
上昇ステ : Int↑↑ Dex↑↑↑ マナ↑ スタミナ↑↑
減少ステ : Will↓

・ジャガイモ
スタミナ : +12
体系変化 : 上半身↑ 体重↓ 下半身↑↑
上昇ステ : Str↑ 生命力↑ スタミナ↑
減少ステ : Dex↓ マナ↓

・牛乳
スタミナ : +9
体系変化 : 上半身↑
上昇ステ : Str↑ Int↑
減少ステ : 無

・黄金の卵
スタミナ : +16
体系変化 : 上半身↓ 下半身↓
上昇ステ : Str↑ 生命力↑ スタミナ↑
減少ステ : Int↓ Dex↓

・黄金のりんご
スタミナ : +20
体系変化 : 上半身↓ 下半身↓
上昇ステ : Str↑ 生命力↑ スタミナ↑
減少ステ : Int↓ Dex↓

・巨大ジャガイモ
スタミナ : +24
体系変化 : 上半身↑↑ 体重↓↓ 下半身↑↑↑
上昇ステ : Str↑↑ 生命力↑↑ スタミナ↑↑
減少ステ : Dex↓↓ マナ↓↓

・小麦粉 / 大麦粉
スタミナ : +1
体系変化 : 無
上昇ステ : 生命力↑
減少ステ : Str↓ Dex↓ Will↓


表にすると、こんなカンジ


卵は太る、というイメージにありがちかも知れませんが、
食べ過ぎない限りは痩せる食料になっています。

野菜・果物類はどれも痩せる傾向にありますが、
店売り品のイチゴ等は、食べ過ぎるとStrや最大スタミナが減少します。
面倒でも木の実を採集した方が良いかも。
また、イチゴやニンジン、りんご辺りは下半身が痩せません。

ジャガイモやベーコンは、スタミナ回復量はそこそこありつつ
1スロットに複数個持てるという、持ち歩きには非常に便利な物ですが、
食べ過ぎると下半身デブになるという諸刃の剣。

あと、リストには表記してませんが、
ダンバートンに売っているチョコレートは物凄く太りやすいです。
その勢い、大きな肉を軽くしのぐ程。
なんつーチョコだ。

 
posted by Noname at 23:59| Comment(5) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

敵HP調査(その3)


というワケで、どういうワケで?

暫定的に、敵しぶとさ表を作成しました。
HPと防御と保護と経験値を、敵の種族別に纏めてます。
こういうのを眺めるのが好きな方もいらっしゃるんじゃないかなぁ、と。

しかしコレ、作った本人としても読みづれぇし
比較しづれぇし見てらんねぇし何よりワケわかんねぇので、いずれ改定する予定。
予定は未定で仮定で不定ですが、なんとかするつもり。
 
posted by Noname at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

敵HP調査(その2)


前の記事の通り、敵のHPを調べているところです。
以下、どうでもいいような独り言。



敵を攻撃した瞬間のスクリーンショットを撮り、
そこからHPを算出する、という過程をボチボチ繰り返しているのですが、
「コレに一体何の意味があるのか?」と一度疑問にしてしまうと、
なかなか精神的にキビシイものだったりして。

確かに、HPとEXPだけ載せた表なんて作っても、何の役にも立たないような気が。
うーむ。モチベーションを維持するにはどうしたら良いものかー。
(維持する必要があるのか、という所までは考えないようにする)

ならば、HPとEXPに限らず、
敵の画像、スキル、性向、ドロップアイテムあたりも載せて、
いっそのこと「敵データ表」を作ってしまえば良いかも知れない。

…が、流石にそこまでは作れそうに無い。
ドロップアイテムなんぞは到底無理そうです。
もう暫く、データを収集しながら考慮することに。
うひょー。とりあえずKIAIだ、KONJOだ。
 
posted by Noname at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

敵のHP調査を始めてみる


「敵のHPを調べる事はできないか?」

ふと、そんな事が頭をよぎりました。
(調べた所で、何の得になるかは棚に上げてしまう)




…と言うワケで、調べてみる事にしました。


このゲームでは、敵の大体のHPは
頭上に浮かぶHPバーで見る事ができます。
「あと何撃で倒せる!」、といった判断によく使うハズです。

ここから、つまり合計ダメージ量とHPバーの減少量から
ある程度はHPの詳細値を算出できる、というのです。



例として、スケルトンのHPを調べてみます。
(たまたまスクリーンショットがあっただけで、
別に白骨マニアなんぞじゃゴザイマセン)


調べる方法は、
初撃ダメージを与えた瞬間のスクリーンショットを撮り、
そのダメージがHPの何割を削っているかを調べ、
そこから最大HPを推定する、というモノです。


詳
▲こういった感じ。
(スペシャルサンクス:スケルトン様)


HPバーは全長 64 ピクセルになってます。
この画像の場合、33 ダメージでHPバーの 9 ピクセルを減らせていますので、
最大HPの約 9/64 が、ダメージの 33 に相当する、と分かります。
(意味不明だったらスミマセン)

以上を式にすると、最大HP * 9/64 = 33
変形すると、最大HP = 33 * 64/9

ここからそのまま計算してしまえば、
スケルトンの最大HPは、約 235 と出てきます。


が、ここで問題となるのが誤差の発生。
HPバーからは 1/64 の違いまでしか分からないし、
何より、ひそかにダメージに小数点が付いているっぽい所。

この辺から考えるに、調査データ数を数多くしないと
あくまでも“推定”の領域に留まってしまい、
厳密な値は叩き出せないと思います。(特に、HPの高い敵)
うーむ、なかなかムズカシイ。



と、推定云々細かいハナシはともかくとして、
自分で調べられる範囲で、HPをぼちぼち調べていく事にします。
(需要があるか否かは再び棚に上げてしまう)
 
posted by Noname at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

エンチャント表


荒削りながらも、エンチャント表を新しく作成しました。
あまり参考にならないかもですが、一応。一応。



あと、今までそうであっても話題には上げてきませんでしたが
言ってしまうと、最近ネタ切れ気味です。
また、リアル用事もだんだん忙しくなってきています。

以上ゆえ、今までほぼ毎日更新していたのが
ちょっと乱れそうですが、ご容赦下さい。



− − − − −


ちなみに、エンチャントの成功率に関して…。


Int依存 なのが、
エンチャントスキル成功率。
(スキルランクは関係無いらしいとか)

スキルランク依存 なのが、
エンチャント焼却成功率と
エンチャント失敗時のスクロール耐久度の減少量。

完全リアルラック依存 なのが、
エンチャント時のエンチャント効果ランダム幅の適用値。


だそうです。
 
posted by Noname at 23:59| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

バリダンジョン


ついに、タルラーク鯖ではバンホールの封印石が壊されました。
これでバンホールへ行けるようになりました。

なーんて、実際のとこ、封印石が壊されたのは昨日の話でして、
今回の記事と言い、昨日のフィアードダンジョンの記事と言い、
何故かこのブログは全体的に1日遅れな感じですが
ただ単に筆者がマイペースなだけです。はい。


鍛
▲ともあれ、バンホール開通。



バンホールは鍛冶の町。
町の中央には鍛冶屋があり、その付近には
鉄鉱石を精錬してインゴットを生産する炉や
インゴット等の材料を使って装備品を生産する鍛冶台があります。
これらは現在、この町にしかありません。

つまり、精錬スキル・鍛冶スキルをメインに育てる方にとっては、
バンホールは拠点同然の町になりうるのです。


炉
▲炉と鍛冶台。



そして、その鍛冶の過程の元となる鉄鉱石ですが、
これは町の中央にあるバリダンジョン内で採掘ができます。
町内にあるだけあって、バリダンジョンは
他のダンジョンと比べると非常に交通が便利です。

というワケで、そのバリダンジョンに行ってみましょうか。
自分、根っからのダンジョンマニアでして。ヘッヘッヘ。


罵
▲バリダンジョン入り口。


路
▲中は、トロッコ線路の張り巡る採掘場。



肝心のバリダンジョンの難易度ですが、
メインに出てくる敵がゴブリン類という言うだけあって、
キアダンジョンとは難易度は大して変わりません。
ゴブリン&ゴブリンアーチャー部屋をしっかり対処する
必要があるのもキアとは変わりません。

ただ、大きな違いとなるのは、インプが湧くというトコロ。


小
▲この小人がインプさんです。
小さいなりして頑張ります。


その小ささとは裏腹に、ゴブリンよりかは遥かに強いです。
HPはそれなりにあり、攻撃力もそれなりにあり、
しばしばライトニングボルトを撃ってくるという強敵。
恐らく、鍛冶メインの方にとっては厄介な相手となりそうです。
(1階だけ採掘して帰る場合は遭遇しないかも)

このダンジョンは、インプとゴブリン部屋だけが問題な感じなので、
これらの対処ができれば、大して難しくは無いと思います。


ちなみに、インプとの闘い方としては…、

・防御に自信が無ければディフェンスをできるだけ使わない
・敵のスマッシュとディフェンスの違いを見極める
・ライトニングボルトの危険の為、距離を置かない
・詠唱されたら即攻撃

といった所でしょうか。

ライトニングボルトをやたらと使うので、
部屋の都合によっては、ライトニングボルトを詠唱するまで逃げ続け、
詠唱したら攻撃して再び逃げる、の繰り返しでも行けるかも知れません。
ただ、絶妙な距離間隔の維持がちょっと難しいかもですが。
(…とは言ってみるものの、普通に闘ったほうがラクかも)

#余談ですが、サキュバスにもこのような手が使えます。



前述通り、バリダンジョンでは鉱石を採掘する事ができます。
道中には鉱石のオブジェクトがあり、ツルハシを装備した状態でクリックする事により
鉄鉱石や銅鉱石などが一定確率で採掘できます。
(ツルハシは鍛冶屋で売っています)

鉱石は、ダンジョンの全階(1〜3階)に点在しています。
1階の場合は、大体4〜5部屋過ぎた辺りに鉱石があります。
この点を見ると、深層にしか生えていないハーブを
採集する事になる薬草学よりかは楽そうです。


俺
▲コレらが鉱石。


掘
▲ツルハシで採掘する図。
…ちとアイテムの鉱石でかいね。


鉱石は、鉄と銅と銀と金の4種類があり、
どれも3×3のスペースを要求します。
アイテムの中でもかなり大きいサイズなので、
鉱石目当てでダンジョンに来る方は、インベントリに余裕を空けないと
掘るだけ掘って拾えずギャフンな結果になりかねないので、ご注意を。

採掘した鉄鉱石は、ダンジョン外の炉でインゴットにできます。
精錬スキル(習得方法は下記にて)のランクが F の場合では、
鉄鉱石 5 個から約 28 %の確率で 1 個のインゴットが生産できます。
(Dexの量で上下すると思われます)

炉を利用するには水車を動かさなければいけません。
ダンジョンの入り口の近くに居るNPCショーンに
100〜450Gを支払うことで、水車を動かすことができ、
炉が使えるようになります。


錬
▲ティルコネイルの風車と
同じような感じ。


あと、精錬を行うには精錬スキルを習得しなければなりませんが、
鍛冶屋にいるNPCエイレンに“スキルについて”で会話すると
精錬スキル習得クエストが始まりますので、
そのクエストのクリア条件となる鉄鉱石5個を採集・納品すれば、
精錬スキルを習得でき、使えるようになります。




と、こういった風にバリダンジョンの鉱石を採掘・精錬できるのですが、
バリダンジョンはただの採掘場ではなくて、ダンジョンであるからして
そりゃもう当然の事ながら最下層にはボスがいるワケでして…。

ちょっくら寄ってみました。


黒
▲……。


鬼
▲………。



ささ、帰りますか。
 
posted by Noname at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。